【運気上昇↑↑↑】我が家の『下駄箱』編 Vol.29

2017.11.19

我が家の玄関周りがさみしい気がするので、『銅像』を買うことにしました、築穴です。

 

いつも通り、衝動的に考えたのですが、『銅像』と言ったら ・・・

 

 

20171119 1

 

 

(´-ω-`)う~む ・・・・・ でも、なんか家のイメージと違う。

 

 

 

これはどうでしょうか!!!子供達が大好きな ・・・

 

※ 登場するキャラクターは、全シリーズ合算すると、2000種類以上だよぉ |○ˡ̑ ⌷͜ ˡ̑○|

20171119 3

 

いいですねぇ ~~~

どうせ買うなら、一番大きいサイズっと ・・・ 高さ180センチ

 

「ポチッ」「ポチッ」 ・・・ んっ!金額が ・・・ ( ,,`・ ω´・)ンンン?

 

 

 

 

 

 

 

 

販売価格 : 3,564,000円(税264,000円)

 

(;`O´)o/(;`O´)o/(;`O´)o/

 

 

 

 

 

話は変わりまして、まず、最初に我が家の下駄箱をご覧下さい。

ご家庭の下駄箱と違うところがありませんか?

 

はてなんだぁ (*;;´ω`*)ゞンー・・・?

 

20171119 2

 

 

 

正解は ・・・ 「靴の向き」です。

靴の向きはつま先を手前にして収納してます。

 

実は、下駄箱に靴をしまうときは、本来はつま先を前にするのがマナーなんですよっ。

 

 

靴の中が汚れていたり、磨り減ったかかとを人様に見せるのはマナーに欠ける。

靴のメーカー(ブランド)など、披露しない。

 

これは江戸時代の茶室から受け継がれるマナーなんです。

 

 

当時、履かれていたぞうりや下駄は、かかとがありません。

つま先を奥にしてしまうと、取り出しにくいですよね。

だから、すぐに取り出せるようにつま先を前にしていたようです。

 

 

また、この向きは「出船」を意味しております。

※ 船が港から出かけて行くコトを見立て言います。

 

 

家に背を向けないように、前を向いて脱ぐ ・・・ 「入船」

靴の向きを玄関の外に向けなおして置く ・・・ 「出船」

 

つまり、靴は入船で脱ぎ、出船に揃えるのがマナーです。

 

この時、自分のお尻を家の方に向けないようにします。

めんどくさいからといって、後向きに上がってはいけません。

 

 

玄関周りのちょっとした工夫で運気を上げることができますよ!

ぜひぜひ一度挑戦してみてください!

 

後悔しない家づくりのために、何気ない事もアドバイス出来ればと考えております。