のほほんブログ『scam』 第4話

2018.05.20

scam ・・・ 詐欺

 

詐欺と言えば ・・・

オレオレ詐欺・振込詐欺・架空請求詐欺・融資保証詐欺・還付金等詐欺等々

 

 

そして、今一番注意しなくてはいけないのが、フィッシング詐欺。

 

現在、携帯1つでインターネットの情報を、誰でも手軽に知る手段として用いておりますが、

流行っているところ、人が集まるところに犯罪がつきもの。

 

Twitter、FacebookLINE等(SNS)も重要な情報源である一方、

便利なサービスの裏側では思いがけない被害に遭っているのも事実です。

 

 

そうした被害に遭わないためにも、すぐにでも対策できる内容を今回お伝えしていきます。

 

 

 

1.「広告」表示のリンクは避ける

 

Googleの検索でTopにくる「広告」と表示されているものはクリックしない。

広告代をGoogleに支払って記事を載せている為、

非常にスキャムの可能性が高いです。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓ URLが違いますね。

 

20180520 1

 

 

さらに、公式サイト装い、同じようにサイトをかなり精巧に作られている為、

非常によく似たURLになってます

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓ どこが違うかわかりますか?

 

20180520 2

 

よーくよーく目を凝らして見て下さい。

URLの「b」の下にゴミみたいのが付いているんです!。

 

 

対策としては、ブックマークしておく。

よく使うサイトはブックマークに入れて、そこから使うようにしましょう。

 

一番無難なやり方ですが、安心です。

 

 

 

2.不正アクセス

まさかと思いますが、「パスワードの使い回し」してませんよね?

もしくは、簡易的に数字を並べたりしてませんよね?

 

パスワードは、8文字→1分、6文字→1秒以下で解析可能なんです!

パスワードを同じにしていれば、芋づる式に乗っ取られてしまいますよ。

 

 

不正アクセスを防ぐ対策

 

・他のサイトなどで使っているパスワードと同じにしない。

・パスワード設定 : 大文字、小文字、英数字(記号)を全て含ませる。

※ 英大文字 + 英小文字 + 数字の3種組み合わせ、12桁以上を推奨。

 

そうすることで、解析に3千年は掛かると言われております。これで安心ですね。

 

 

 

最後に、今、この瞬間も狙われているかもしれませんよ。

さぁ、皆さんどうしますか?

 

 

1.情報を全く取らない人 ・・・ 27%

2.情報を気にしても行動しない人 ・・・ 60%

3.情報を取って行動する人 ・・・ 10%

4.情報を真剣に取って、真剣に行動する人 ・・・ 3%

 

ハーバード大学で実証したデーター法則:『3:10:60:27の法則』

皆さんは、どれに当てはまりますか?

 

 

 

ちなみに、先日私のメールにこんなのが来ました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

20180520 4

 

どうやら、この口座に2830万円あるようですね (´д`)