セルロースファイバー

2018.07.05

蒸し暑い季節になりました。

気がつけばもう7月、今年も半年が終わりました。

長女も幼稚園に通うようになり、3ヶ月。

だいぶ慣れた様子で、土日に、幼稚園に行かない日はつまらない。

と言っていたそうです。

あんだけ泣いていたのに。

でも、一安心です。

そんな蒸し暑い、この時期だからこそのお話しです。

木の香工房の断熱材、セルロースファイバー。

そのセルロースファイバーの特徴の一つです。

 

8-3-09

 

夏には欠かせない性能

「結露防止・調湿性能」

断熱材:セルロースファイバーには、水分の吸放湿性があります。

靴が濡れた時、新聞紙を靴の中に入れた経験はありませんか?

経験のある方は、思い出してみて下さい。

木質繊維の特徴ですね。

周囲の状態に応じて、水分を吸ったり吐いたりしています。

この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防止するのです。

セルロースファイバーは外気の湿度が高いときには湿気を吸い取り、

乾燥しているときは蓄えた湿気を徐々に吐き出すという、

木質繊維ならではの調湿効果を発揮しますので、

快適な湿度に保たれます。

断熱して、調湿もしてくれる優れた建材です。