屋根工事

2017.11.27

 

DSCF2329

 

屋根を仕上げる前に下地防水材のルーフィングを敷設します。

ルーフィングを敷く目的は防水のためです。

瓦やスレート・ガルバリウム鋼板など屋根材が雨水を防水していると

思われますがそれは間違いです。

屋根材はあくまでも見栄えを良くするための化粧材と考えます。

もちろん屋根材にも防水機能はありますが、それと同時にルーフィングの

保護機能も果たしています。

平面の部分だけでなく、風を伴う雨の際に入りやすい壁際までしっかりと

立上げて、切れや破れ、穴あきがない事をチェックして屋根仕上げ工事に

移行します。

 

DSCF2330