我が家の『ついで掃除』浴室編 Vol.35

2018.01.14

こっそりと『仮想通貨』はじめております、築穴です。

内緒だよぉ (o’3′)b シ――――!!!

 

20180114 2

 

私としたことが完全に『仮想通貨』ブームに乗り遅れました (﹏•╰)

その為、毎日5時間以上の勉強をし、やっとこ素人に毛が生えた程度の知識を身につけております。

 

 

これで、私も『億り人』 そして、『自由億』の仲間入りですね (*´`*)

 

20180114 1

 

 

 

水回りというのは、ほぼ毎日家族が使う場所。

できればいつもキレイな見た目で清潔にしておきたいですよね。

 

でも、毎日人が使うたびに少しずつ汚れ、ほっておくと取れない汚れに成長。

大掛かりな掃除が必要になるというのは、お悩みではないでしょうか。

 

でも、毎日ちょこっと「ついで掃除」を行えば、いつもキレイに気持ちよく過ごせます。

 

今回は、「ついで掃除」浴室についてみていきましょう。

 

 

【浴室】「入浴のついでにサッとお掃除」

1.こまめにシャワーを掛ける。

体を洗い終わったら、浴室の壁やカウンター、床、水栓など熱いシャワーで洗い流す。

石鹸の泡や汚れは、湯船に浸かる前に流しておきましょう。

 

2.お風呂上がりは、水シャワーを浴室内にまいて換気をする。

冷水をかけて浴室内の温度を下げておくと湿気がこもるのが防ぎ、

その後、換気をしっかりするとカビ対策にもなります。

 

3.鏡と水栓金具の水滴を拭き取る

水滴が残っていると、白い水アカがこびりつきやすくなります。

浴室から出るときは、鏡と水栓金具の水滴も乾いたぞうきんで拭き取っておきましょう。

 

4.排水口の髪の毛をとる。

排水口にたまった髪の毛は、ぬめりの原因。

浴室から出るときに各自がサッと取りましょう。

 

 

浴室を出る際には、乾いたぞうきんで、から拭きを習慣づけておくと、

数年後の浴室はきっとキレイですよ。

 

新しい家、新しい設備は「新しいから綺麗」は当たり前。

住んで5年10年経っても綺麗な状態を保てるかは、皆さんの使い方や日頃のお手入れ方法によります。

 

全部やることは難しいですが、家族のルールを決めて、

「メンテナンスしながら家に住む」ということも考えながら家づくりを楽しんでくださいね。

 

後悔しない家づくりのために、何気ない事もアドバイス出来ればと考えております。