我が家の『丸見え②』 Vol.45

2018.03.26

いやぁ~、凄い顔ぶれですねっ ( ु‹ ) ˄.

今まさに、同じ業界に新規事業参入を計画している段階らしいです、築穴です。

 

 

Yahoo!」・「Google

LINE」・「メルカリ」・「Facebook

「スターバックス」・「ぐるなび」

SBI」・「サイバーエージェント」・「三菱東京UFJ銀行」 ・・・

 

 

まだまだ、このブルーオーションの領域に、参加してみては如何ですか?

 

 

20180326 2

 

※ イメージ画像ではなく、これうちの実家から見た景色です。まさに、ブルーオーション!?

 

 

 

 

家の中が丸見えだと落ち着かないですね。

 

前回は、窓の位置や設置する高さについて、お話ししましたが、

今回は、周りの視線をどのようにしてカットすればいいかお伝えしていきます。

 

 

1.目隠しをつくる

1番オーソドックスな方法です。

家の中が見えないくらいのフェンスをつくってあげれば、周りからの視線はカットできます。

しかし、目隠しで壁をつくってしまうと視線はカットできますが、同時に、

風通しも悪くなってしまうので、少し隙間を空けて空気がこもらないようにするのもポイントですよ。

 

 

2.家を斜めに配置する

窓とフェンスで対応しきれない場合、家を斜めに配置する方法というのもあります。

家を敷地に平行ではなくて、角度をつけて配置するんです。

家だけでなく、敷地全体を使って視線をコントロールするんですね。

 

 

3.2階リビングにする

2階リビングに広いバルコニーも付けて、ある程度目隠しできるようにしてあげれば、

周りをほとんど気にすることがない、プライベートな空間もつくることができます。

視線を気にせずにリビングを楽しみたい場合、2階リビングを検討してみるのも如何ですか?

 

 

やはり家の中が丸見えの家はちょっとイヤですよね。

 でも実際は、周りの視線を全く考慮していない家というのはかなりあります。

 

間取りを見た時に「窓が大きくて明るそう」と思う以外に、

外から見える可能性があるのも意識して見て下さいねっ。