我が家の『風通り』 Vol.38

2018.02.05

それは突然やってきました、築穴です。

先日、我が家の愛車に乗って散歩をしていたところ ・・・

 

20180206 1

 

 

見てしまいました (ノ゚ω)*.オオォォォォォォォー

慌てて携帯のカメラにて撮影成功!!! [【◎】]_・。)

 

『未確認飛行物体』

 

20180206

 

 

 

家づくりのご要望で、ほとんどの方は「明るい家」というキーワードを口にされます。

せっかく家を建てるなら明るい家にしたいというのは当然のことだと思います。

 

その他に、「明るい家」以外に多いキーワードもあります。

それが「風通しのいい家」です。

 

 

風通しが良ければ、家の中の温度を下げることができますし、

空気が流れるので、カビ等の発生を防ぐ要因にもなります。

 

 

あなたの地域では、どの方角から風が吹いてくるか知っていますか?

日本全国それぞれの地域また、季節によって風が吹いてくる方角・特性が違うんですよ。

 

家の中の温度を下げたい時は、効率的に風を取り入れて、

反対に寒くなってしまう冬場は、風の影響を少なくすると言うのが重要になります。

 

やはりこの風向きの特性を上手く活かした上で、窓を配置していきたいですね。

 

 

必要な場所に、必要な窓を配置していく。

風通しを考えるとき、これが一番重要になってくるんです。

 

間取りを見ていて一番残念なのは、取りあえず付けたと思われる窓。

風通し等をいっさい想定せずに、ただポンと窓がつけられていることがあるんですよ。

 

やはりそれぞれの窓の意味を説明できる家。

 

これが風通しだけでなく、家の明るさ、住んでからの快適性に大きく影響してくるので、

窓についてしっかり考えられた家を建てたいですね。

 

 後悔しない家づくりのために、何気ない事もアドバイス出来ればと考えております。