我が家の『358』編 Vol.10

2017.07.09

『信じるか信じないかはあなた次第』 築穴です ٩( ´◡` )( ´◡` )۶

 

 

日本で一番、標高の高いところにある箱根園水族館。

ここのバイカルアザラシは、なんとサーフィンをします ヽ(Д)!!

 

『信じるか信じないかはあなた次第』です。

 

 

20170709

 

 

3ヶ月前に、いつも通り衝動的に買換えた、我が家の自家用車。 我が家のナンバープレートは、「358」。

 

「エンジン音が静かになる」「事故は起こしにくくなる」「燃費が少し良くなる」等、

車の人気ナンバーと言うことで、「358」にしたのですが・・・。

 

 

実は、とんでもない意味があったのですよぉ~  Σ(=ω=) マジ!

 

『信じるか信じないかはあなた次第』です。

 

 

20170709 3

 

 

1.聖書の中で「358」は聖なる数字(救世主・平和)という意味があります。

 

2.お釈迦様が悟りを開いたのは、35歳と8ヶ月。

 

3.西遊記の三蔵法師のお供である3人 ・・・ 「3」沙悟浄、「5」悟空、「8」八戒

 

4.奈良や京都のことを「都」「みやこ」 ・・・ 「385」

 

5.風水における「358」は、幸運を呼び込む数字。

  「3」発展や金運、「5」帝王の数字、財運を高める、「8」全体運を高める

 

6.さらにお札の通し番号に「358」入っていると、幸運や金運を引きつける効果があるそうです。

 

7.徳川15代将軍の中で覚えられている名前は・・・※ 初代・末代以外

  3代目 : 徳川家光、5代目 : 徳川綱吉、8代目 :徳川吉宗

 

8.他:引法大師の入滅835年、仏教伝来538年、坂本龍馬の生まれ1835年

  青森県の八戸、五戸、三戸(358)、山形県米沢市の三五八漬け・・・等

 

 

どうやら、この「358」の組み合わせは、不思議な力を持っているようです。

 

鰯の頭も信心から。「358」を取り入れてみては如何でしょうか?

 

 

『信じるか信じないかはあなた次第』です。