軸組検査

2017.12.18

DSCF2444検査

上棟後、筋交いや金物、耐力面材の施工が終わり、まもりすまい保険の

検査員による「構造体検査」を行いました。自社検査のほかに第三者機関の

検査員で検査していただき筋交位置向きに相違はないか、金物やビスの

閉め忘れはないかなどをダブルチェックします。

検査が済みますと断熱材や、床貼りなど木工事を進めていきます。